海外放浪紀行

いきあたり海外放浪紀行

中国インド間を横断する際の記録を残します。

アーグラーでタージマハル観光 2017年11月4日

ブッタガヤーからアーグラーに列車で向かう

2017年11月3日朝 ガヤー駅から列車に乗り、アーグラーに向かう。

 

予定ではガヤー駅6時3分出発、アーグラーフォート駅17時55分到着。

しかし出発到着共に遅れる。

出発は朝7時過ぎ、到着はさらに遅れ、アーグラーフォート駅に到着したのが、なんと翌日11月4日深夜の1時半だった。


f:id:arukizuki:20171109015713j:image

到着後に撮影した駅ホーム

 

駅にあるリタイアリングルームで眠ろうとも思い、窓口にリタイアリングルームの申請に行ったが空いてないらしい。

 

深夜だと安ホテル行っても空いてないだろうし、高めのホテルに泊まり金を使うのも避けたいという思いがあり、

駅のホームで一夜を過ごすことを決める。

 

ホームにあるベンチに座り目をつむって朝を待つ。

※ホテルに泊まらなかったのは失敗だった。このときの寝不足のせいで後日1週間寝込むことになった。

 

タージマハル近くのホテルに向かう

朝5時、目当てだったタージマハル、その周辺まで歩いて向かう。

 

途中寄り道しつつも、7時にはタージマハル近くに到着。

 

オートリキシャのドライバーが、ホテル紹介すると寄ってきた。

最初は断ってたが、途中で面倒くさくなりオートリキシャのドライバーにホテルを紹介してもらった。

400ルピー以下の宿希望と言い、行って紹介してもらう。

 

宿では仮眠を取る。

 

タージマハル

昼過ぎ、タージマハルに向かう。

 

タージマハル西口のチケット売り場付近で、男たちから声を掛けられる。

 

英語で以下のようなことを言ってきた

  • 私は政府の人間だ
  • 入場料1000ルピー
  • タージマハルの行列は3時間待ち。しかし君は待つ必要はない。
  • この男に300ルピー払えばガイドしてくれる。

 

入場料1000ルピー?嘘?いやチケット売り場見ると本当に1000ルピーだ。

でもガイド料は嘘だろ、もう騙されないぞ。

 

チケットを買った後、男たちから逃げだし行列に並ぶ。

 

しかし行列に並ぶと、前に並んでいたインド人から、

ここじゃないよ的な反応をもらう。

話を聞き、回りを見直すと以下のようなことらしい。

  • インド人用の列と外国人用の列がある。
  • インド人用の列は人が多いが、外国人用の列は空いている。

で自分は外国人用の列に並んで良い。

 

あとさっきガイドと言ってきた人たちは、本当に政府の人間かは知らないが、どっか行った。

 

外国人専用の列に並ぶ。人が少なくあっという間に入れた。

 


f:id:arukizuki:20171109034448j:image

f:id:arukizuki:20171109034612j:image
タージマハルはめちゃくちゃ美しい。

 

 
f:id:arukizuki:20171109034643j:image

タージマハル建物上では土足禁止、渡された靴カバーをつけて、白い大理石の床を歩く。

 

タージマハル中への行列もインド人と、外国人で別れていた。

インド人の行列はタージマハルの回りを一周していたが、

外国人行列はほぼ待つことなく入れた。インド人たちに少し申し訳ない気分。


f:id:arukizuki:20171109035530j:image

タージマハル建物内

 

タージマハルはいいな。噂に劣らぬ美しさ。

四大仏跡ブッダガヤー観光 寄付を求められる 2017年11月2日

ブッタガヤー到着

11月2日朝

ヴァーラーナシー駅を出発しブッタガヤーに向かう。

電車が遅れて、ガヤー到着18時。

ブッタガヤー到着19時前。

 

ブッタガヤーで客引きに引っかかる

薄暗い中、目星の付けた安ホテルに向かって歩いていると男から話し掛けられる。
男はまあまあ上手い日本語で、ホテル良いとこあると言ってくる。

 

自分が1泊500ルピーのホテルに向かってる泊まると言うと、
男は本当は600ルピーだけど、500ルピーでいいからと言い、親戚がやってるというホテルを勧めてきた。

 

この時点で、男は単に身内のホテルを繁盛させたいのか程度に思った。

そのホテルで良いやと行くことに。

 

しかしホテルに到着すると、

男から、明日ブッタガヤーの良いところに連れて行く。
という話をされる。

男のペースに乗せられてる気がしたが、その日は疲れていて特に反論できなかった。

 

朝食を男と食べる

翌日11月3日朝

朝食を食べるためホテルから出て歩いていると、バイクに乗った男がどこからともかく現れた。

 

朝食食べる?良いレストランがある。バイク乗って。バイクは無料。朝食は無料さと言われ、バイクでレストランまで連れていかれる。

 

朝食を食べてる最中、男と話すと

  • 来月レストランを開く。男がオーナーになる。
  • 日本人のガールフレンドがいる。
  • ケンジという日本人ティーチャーから日本語を習った。

と嘘か本当か分からないことを言ってくる。

 

この時点で、この男後で大金を要求してくるつもりだと気がついたが、
すでにホテル代値下げ、バイクでレストランまで案内、朝食タダの借りを作ってしまった。
借りがある以上、この男を無碍に扱うのも気が引ける。

 

仕方ない、男と約束した通り観光のガイドはしてもらおう。

でも高すぎる金額を要求してきたら断ろうと決めた。

 

男にガイド代いくらが良いか聞く。

男はガイド代なんていらない。と答えてきたが、自分がガイド代1000ルピーにしようと言い男に同意させる。

 

これで後になって、もしガイド代として大金を要求されても、

最初に1000ルピーと約束したと言えば1000ルピーで済むはずだ。

 

印度山日本寺

日本の宗派が立てた寺。

 
f:id:arukizuki:20171109002810j:image

寺のすぐ隣には子供たちがいる学校ががあった。

男が言うには日本の支援で運営されているらしい。

 

トトロの木

ブッダが瞑想した場所らしい。
一見1本の木に見えるが、実は4本の木が絡まってできている。


f:id:arukizuki:20171109001207j:image

 

男から、5分間瞑想していいよ。写真撮るからと言われ、デジカメで撮ってもらった。

 

前正覚山

次の目的地は前正覚山。

前正覚山ブッダが6年間修行したと言われる地。


山に向かう途中道の都合でMohana川を徒歩で渡る。
f:id:arukizuki:20171109001347j:image

 さらに村の中を通過。坂を登り前正覚山に到着。

 

山の上にはなぜかチベット寺院がある。


f:id:arukizuki:20171109003805j:image

ブッダが修行していたとと言われる洞窟の中で祈る。


f:id:arukizuki:20171109001536j:image

 洞窟入り口

 

スジャータストゥーパ(Sujata Kuti)と学校(Sakya Sujata Children Welfare Trust)

スジャータストゥーパがある。

スジャータとは、修業でやせ細っていたブッダに乳粥を渡した村の女らしい。


f:id:arukizuki:20171109004047j:image

スジャータストゥーパの画像

 

この遺跡の周りの作りかけの壁。この壁は日本の支援で造っているという話。
f:id:arukizuki:20171109004109j:image


そしてストゥーパの隣にある学校。
f:id:arukizuki:20171109004431j:image

ここは日本の支援もあって運営されていると話。
中では子どもたちが授業を受けていた。

校長室?らしきとこで教師の方と話す。


f:id:arukizuki:20171109004455j:image

教師の方は簡単な日本語ができるようだった。


教師曰く、この学校は支援とボランティアによって運営されています。

子どもたちのために寄付してくれないかと言われる。

 

名簿を見せられる。
今までここに来て寄付した日本人のサインと寄付額が書かれていた。
500ルピー、5000ルピー、1000ルピー、1000円、200ルピー、300ルピー‥

 

迷ったが、貧しい人が居ること、授業を受けている子供たちがいることは事実。

少しならと寄付することにした。500ルピー渡しサインする。

 

スジャータ寺(Sujata Temple)

スジャータブッダに乳粥を渡した場面の像がある寺。


f:id:arukizuki:20171109004712j:image

そして隣は学校がある。
ここでも寄付を求められるが、さっき寄付したばかりだったので断る。


男の要求

 男からは所々で、寄付が必要だという話を聞かされていた。

 

トトロの木に行った際は、近くにあるハンドポンプを見せられる。
これはタイが寄付してくれた、あっちにあるのは日本人が寄付してくれたポンプ。
ポンプで水を使えて、このあたりは助かったけど、あっちのほうでは水が使えず困ってる
と説明を受ける。

さらに山に向かう途中バイクで村を通った際 、

この村のようにブッダガヤーは貧しい人が多いんだ等と、ちょくちょく寄付が必要であることを言ってきた。


上記の各地を回った後、男からはハンドポンプの必要性を熱弁される。

  • ハンドポンプを作るプロジェクトをやってる。
  • ハンドポンプ1つ当たり35000ルピー。そんなに高くない。
  • 全額じゃなくてもいい。10000、8000、6000、4000ルピーでいい、協力してくれないか?

 

自分としては、
ブッダガヤーに貧しい人が多いこと、日本の協力もあることは分かった。

しかしそんなに出せないし、第一男に金を渡したところで本当にポンプを作るために金を使うのか信用できないと思った。

なので断る。

 

しかし男も食い下がる。

協力してくれないのか?この街は貧しいんだよ?

 

何度断っても、寄付要求してくる。

 

この要求方法ダメだ、耐えられない。

もしガイド代として大金を要求してきたら遠慮なく断れるのに、貧しい人への寄付を盾にするから断りづらい。

こんな話本当なわけないだろ。と思いつつも罪悪感を感じさせるやり方。


結局その場は

今日半日のガイド代とチップ、ホテル代値引き、朝食無料、貧しい人への寄付代の分全部引っくるめたつもりで、
手持ちの金全ての2100ルピーを男に渡してしまった。

これで貸しは返したろうし、男と別れる。

 

マハーボディー

ブッダが悟りを得た場所に、アショーカ王が建てた寺院らしい。


f:id:arukizuki:20171109011524j:image

 

寺院のまわりではでは全身を地面に付けるチベット式礼拝五体投地をやっている人が多かった。

 

マハーボディーの周りを歩いていると少年の僧たちから、ニホンジンと声をかけられる。
話を聞くと、少年たちはそれぞれシンガポール、タイ、インド、中国出身らしい。

 

少年たちは大はしゃいでいた。

僧でも楽しそうにはしゃぐものなんだなと思った。

 

バラナシHOMY PAYING GUEST HOUSE(ホミーペイングゲストハウス)への行き方

HOMY PAYING GUEST HOUSE(ホミー ペイングゲストハウス)

ヴァーラーナシーにある家族経営の安宿。

 

家族皆さん優しく、
1泊300ルピーの価格の割に部屋はきれい。
f:id:arukizuki:20171108171126j:image

出る料理は上手いし安い。(料理料金は別)
f:id:arukizuki:20171108223858j:image
 

 

ただし場所が非常に分かりにくい。

自分はガンジス河側でたまたま会ったおじいさんに連れて行かれてたが、自力では絶対たどり着けなかったと思う。


アクセス

アクセス方法を描いておく。


場所は日本人宿 久美子の家(KUMIKO PAYING GUEST HOUSE)の数十メートル南なので、久美子の家の広告を頼りに行くのが楽。

 


f:id:arukizuki:20171108224117j:image

 

ガンガールート

①ガンガー側ダシャーシュワメードガートに着いたら、ガンガー沿い南に300~400メートル進む。

 

②下写真の景色。久美子ゲストハウスの広告がある階段を上り、小路地をそのまま(西に)進む。
f:id:arukizuki:20171108224202j:image


f:id:arukizuki:20171108224230j:image

 


③突き当たりのT字路を左に(南に)曲がる。

④HOMY GUESTHOUSEに到着。


小路地ルート

①ダシャーシュワメードガートに向かう西からの道の途中から小路地に入る。

下写真の場所右側


f:id:arukizuki:20171108224631j:image


②小路地に入ったら南に300~400メートル進む。

(時間でいうと、自分が歩いたときは5、6分ほど掛かった)

上の景色が見えたら左に(東に)曲がる。
※ここが非常に分かりにくい。


f:id:arukizuki:20171108224750j:image
f:id:arukizuki:20171108224912j:image

③直進する(東に進む)と久美子の家がある。
f:id:arukizuki:20171108224955j:image


④久美子の家があるT字路を右に(南に)曲がり、数十メートル直進する。


⑤HOMYゲストハウスに到着。

 

住所

ホテル名
HOMY PAYING GUEST HOUSE

住所
D.24/14, Pandey, Ghat, Varanasi - 221001

 

四大仏跡サールナート観光 2017年10月30日

訪問場所

サールナート

訪問日

2017年10月30日

 

サールナートについて

ブッダが初めて説法をしたという場所。

ダメークストゥーパが一際デカくて目立つ

 

アクセス

ヴァラーナシー駅北東にある。

 

自分はヴァラーナシー駅前で、サールナート行きのバスを探していると、モーターリクシャのドライバーから声を掛けられる。
価格は200ルピー。
それくらいならと乗ることに。

途中絨毯?の店に連れて行かれて購入を勧められたが、断る。

考古学博物館

発掘された仏像等を展示している。
入場料5ルピーと安い。

 

ダメークストゥーパ モニュメントサイト

入場料200ルピー
仏教徒でオレンジ色を衣服まとった人が多くいた。

ダメークストゥーパは近づくと見るとわかるがかなりデカい。


f:id:arukizuki:20171108170228j:image

 

ムールガンダクティー寺院

 
f:id:arukizuki:20171108170429j:image

 

寺の中の壁にはブッダの生涯を描いた絵がある。戦前の日本人が描いたらしい。

壁の一部には、戦前の日本らしいカタカナ漢字交じりの文が書かれていた。

 

この寺院沿いの道路には物ごいの子が多い。
子供一人に金を渡したら、その子が他の子に話したのか子供が数人次々とやってきた。

 

チャウカーンディストゥーパ


f:id:arukizuki:20171108170348j:image

4~5世紀に造られたらしいストゥーパ
周囲を歩道が囲っていて歩くのは気持ちいい。

ガンガーの思い出 2017年10月29日~11月1日

ガンガーで沐浴する 2017年10月29日

到着した翌日荷物を持ちガンジス河(ガンガー)まで行く。
まずはガンガー近くのホテルに行き荷物を置くことに。
ホテルは、ガンガー側にいたおじちゃんに案内してもらった。

 

この日の沐浴のために、水着をバックパックの中に入れていた。
水着を下に着て、濡れても問題ないクレジットカードと硬貨だけを持つ。
それ以外パスポートもカメラ等は沐浴中盗まれる危険があるためホテルに置いておく。

 

ガンガーまで行き沐浴場所を探す。

沐浴できるGHATはいくつもあるようだったが、

MUNSI GHAT というところが人がそんなに多くなかったので浸かることにした。

 

水着姿になり、ガンガーに浸かる。
水はひんやりしていた。
深いところまで行き顔も浸ける。夏のプールみたいで気持ちいい。

 

近くではインド人が服を洗ったり、子供がジャンプしてガンガーに飛び込んでたりと
聖なる河のはずだが、結構日常的。

 

隣でパンツを洗濯していた人から、日本人?と聞かれる。
男は日本語が少しできるようだった。

私の店でお土産買わない?と言ってくる。
沐浴中なんだから、そんなこと聞くなよと思い断る。 


f:id:arukizuki:20171108163027j:image

f:id:arukizuki:20171108162949j:image

夕方改めて来て撮影した沐浴した場所


ガンガーから日の出を眺める 2017年10月30日

朝5時45分日の出を見るため、ガンガーの側に行く。

ガンガー側を歩いていると声を掛けられる
ボート乗らない?200ルピー

自分はボートいいねと思い、OKを出す。
500ルピー紙幣しかないけどお釣りあると聞くと、

お釣りはない。だけど30分200ルビー。火葬場まで往復1時間。計400ルピー。それならお釣り100ルピーある。

とボート漕ぎガ言う。

 

500ルピー紙幣見て価格盛っただろと思ったが、日の出まで時間がない。
400ルピーでOKを出す。

 

船に乗る。


f:id:arukizuki:20171108164503j:image

f:id:arukizuki:20171108164400j:image

なぜが船は火葬場(マニカルニカーガート)まで上陸、火葬場をガイドするという男に話し掛けられる。

 

自分は日の出見に来たんであって火葬場見に来たんじゃない。と言うが、

 

ガイドの勢いに押されて、火葬場を見学することに。

 

火葬場では死体を燃やしており、家族が側にいて見ているらしい。
あと写真は禁止。

火葬場を見て回ったあと、薪代が必要であることを力説され、薪代寄付するように言われる。
100ルピーくらいならと寄付する。

船に戻り元の岸に戻る。

 

ガンガーの向こうに日の出が見える。なかなかきれい


f:id:arukizuki:20171108164317j:image

プージャー

毎日夜19時頃ガンガー側ダシャーシュワメードガート周辺は音楽が鳴り響き、司祭らしき人が火を使った礼拝プージャーをする。

プージャー周辺はこの礼拝見学目当ての人だかり

 
f:id:arukizuki:20171108165538j:image

礼拝は単調だが、夜音楽が鳴り響く中インド人や観光客が一カ所に集まる景色は、

この地ガンガーがインド人にとって特別な場所だという実感を感じさせておもしろい。